明日も、おいしいパン。「ひとてま」がパンを変える!

こんにちは!今日もお元気ですか?? からだにやさしい健康パン教室*めぐりぱん* です! 次の日も、柔らかくておいしいパン。 理想ですよね。 午後に焼き上がったパンを翌日の朝食に出したら、固い!! 「手作りパンあるある」ですよね。 みなさん、どんな工夫をされていますか? 今回は、次の日も柔らかい手作りパンを作る方法をまとめてみました! Contents パンを柔らかく仕上げる方法①生地をこねる時間を長くする②水分量を多くする③中種を使う④砂糖や油脂の量を増やすオススメの方法「ひとてま」がパンを変える!パンを柔らかく仕上げる方法 ①生地をこねる時間を長くする パン作りに大切な「グルテン」を作る工程。「グルテン膜」を作るため、一生懸命こねますよね。ですが、そのこね時間、足りていますか? 「手ごねに、『こねすぎ』は無い!」 と言われるくらい、実は「こね不足」の場合が多いんです。 しっかりグルテン膜ができていても、ふわふわに仕上がらない場合は、こね時間を5分プラスしてみてください。 ②水分量を多くする 水分量が増えることで、焼き上がり時の水分の蒸発量を差し引いても、パンに水分が多く残ることになります。単純に、水だけではなく、牛乳や生クリーム、はちみつなどの液体(液体に近いもの)を使用することで、しっとり感が出ます。 ただ、手ごねでは、生地が手についてこねにくいという難点もあります。 「パン作りは、『忍耐』」という方もいるので、水分量を増やして柔らかくしたい場合は、気合を入れて臨みましょう! ③中種を使う 「中種法」を活用する方法です。パン生地をこねる前に、酵母と粉と水分を合わせておいたものを作っておき、本ごね時に混ぜ合わせて作ります。 あらかじめ、粉と水分がしっかりと混ぜているので、保湿性がアップし、ふわふわ・しっとりした仕上がりになります。 デメリットとしては、 前日までに中種をこねる必要があること、本ごね時の粉と水分の量をしっかり計算しなければならないことなどがあります。 ④砂糖や油脂の量を増やす 油脂を配合することで保湿性がアップするため、柔らかく仕上がります。 砂糖は、イーストと仲が良い(=発酵しやすい環境を作る)ので、配合量と発酵の見極めができれば、柔らかいパンができます。 ただ、どちらも配合しすぎると、カロリーオーバーになってしまったり、触感がベタベタしてしまいます。 オススメの方法 ①~④でご紹介した通り、柔らかいパンに仕上げる方法はいろいろとありますが、 ここで、私のおすすめする方法をご紹介します。 それは、 「めぐり種(だね)」 です! ふわふわに仕上げたいパンをレッスンする際に使う、発酵種です。 「健康パン」ならではの食材を使っています。 前日の夕方~夜に、「めぐり種」の材料を混ぜて、野菜室に入れるだけ!こねる必要はありませんので、容器とスプーンでグルグル! 簡単に仕込めないと、作り続けられないので最低限の手間と時間で仕込みます! 計量、混ぜ作業を合わせても、5分もかかりません♪ この「めぐり種」を、本ごね生地に混ぜてこねれば、 しっとり生地になるんです(^^) こねていて、とっても気持ちいい!こんな肌になりたい!と思う生地!(笑) 本ごね時の粉や水分の量、 焼き時間などのバランスにより、ふわふわなパンに仕上げることができます。 「ひとてま」がパンを変える! 様々な方法がありますが、どの方法も、「ひとてま」を加えることで、いつものパンが変わります! そして、「めぐり種」にご興味を持っていただけましたら、 レッスンでご紹介しますので、お問い合わせください♪ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ 今日も、おいしいパンが焼けますように(*^^*) 「健康オタク」な講師と作る!美腸・薬膳・筋力パン「健康パン」「手ごねエクササイズ」で、\\ 元気に美しく♡ // からだにやさしい健康パン教室 *めぐりぱん*です! 上手じゃなくてもいい!おしゃれじゃなくてもいい! 何かに「効く」素材を使った「健康パン」を作っています♪ ●私が健康パンを作る理由● ●健康パンコース レッスン内容● ●筋力パンコース レッスン内容●