ベーキングパウダーで米粉パンは作れる?【実験結果公開】

🌟体脂肪率-3%!キレイに痩せながら、
内側から輝くカラダを作り出すパン
🌟砂糖、油、卵、乳製品、小麦 不使用!
🌟オンラインレッスン・動画レッスンで
楽しく・かしこくパン作り♪

薬膳・腸活・グルテンフリーで叶える
10年後も健康でいられるパン教室
*めぐりぱん*


こんにちは!
今日も、お元気ですか?☺️
健康パン教室*めぐりぱん*
むらまつ さき です。

 


過去、何回か
ベーキングパウダーについて、

特徴
使用量
害はあるのか?
重曹との違いは?

など
ご紹介してきました。

 

ベーキングパウダーは、
「膨らませる」
「サクサクにする」

という特徴を持ち、
お菓子作りで頻繁に登場するイメージですよね。

でも、
「膨らませる」ことができるなら、 パンにも活かせるんじゃないの?? 

っと思い、

【ベーキングパウダーでパンは焼けるのか】

レッツ・実験クッキング!! 

 

(一般的に、イーストなどの酵母で作るタイプのパンに活かせないか?という実験なので、「蒸しパン」など、もともとベーキングパウダーを使うパンは除きます。)

イーストをベーキングパウダーに置き換えて、
いつものように米粉パン作りをしてみます。

 

数グラムの使用量なので、 丸めの感じも、特にいつもと変わらず・・・

いつものように焼いてみた結果…











白!!!

純白(笑)


焼き色、どこいった??😅

持った感じも、
重い!!

 

一口食べましたが、

モッサモサ・・・


言い方が悪いかもしれませんが、

出来そこないのお菓子

って感じになってしまいました(^_^;)



【結論】

イースト→ベーキングパウダーの置き換えでは
パンは焼けない!


もし、使用するなら、
イースト併用で、
補助的な役割をベーキングパウダーが担う


という感覚で、適量を配合するのが良いかと思います。


結果、失敗作が生まれた
実験クッキングでしたが、

「失敗するならやめておこう!」

という
【失敗回避】のお手伝いができたということで(笑)

お役にたてましたら、嬉しいです^^


↑は失敗作を作り出してしまいましたが、
レッスンでは失敗しないで米粉パンが焼けますよ^^

最新レッスン情報はコチラ↓

【LINEお友達登録】
「健康パン」プレゼント企画実施中!


【動画レッスン】
動画URLお渡しによるレッスンです。
時間や用事を気にせずレッスンできます!



最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪
今日も、おいしいパンが焼けますように(*˘︶˘*).。.:*♡