【便利】発酵器や発酵機能を使わずに、発酵させる方法

Pocket

【LINEお友達登録】
「健康パン」プレゼント企画実施中!

☆健康情報・パン作りのお役立ちアイデア配信中☆

 

上手じゃなくてもいい!
おしゃれじゃなくてもいい!

元気に・キレイになれる
「健康パン」を作っています♪

からだにやさしい健康パン教室
*めぐりぱん*

です!


レッスン日程・内容は、記事の最後に書いています♪
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください*



こんにちは!
今日も、お元気ですか?☺️

発酵器、お持ちですか?

私は、持っていません。 

オーブンの発酵機能も、 
実は、使っていません。 
 
もともとは、節約のために、 
発酵機や発行機能を使わずに発酵させる方法を知りたくて 
いろいろな方法を試してきました。 
 
比較的、お金がかからず、安全な発酵方法3選(笑)
ご紹介しますね♪
 

 

①湯煎(ゆせん)発酵

パン生地を入れたボウルより大きいボウルにお湯を入れ、 

パン生地の入ったボウルを浮かべる方法です。 

 

生地が早く温まるので、急いでいるときは良いかもしれません。 

 

欠点は、 

・生地の底面だけ温まってしまう(上の方との温度差が生まれる) 

・過発酵になりやすい 

などです。

 

②室温発酵

室温が27℃くらいあれば、室温発酵もできます。 

お金もかかりません。 

ただ、

発酵が思うように進まないときもある (レッスンには不向き) 

・冬場は長丁場になる 

などのデメリットもあります。

 

③レンジ庫内発酵

電子レンジの庫内に、お湯を注いだ容器を置き、 

その隣に、パン生地の入った容器を置きます。

       ↑湯  ↑発酵させたいパン生地 

 

レンジのドアを閉め、庫内を密閉空間にして発酵させます。 

(電子レンジのスタートボタンは押しません) 

 

・温度計を入れておく必要がある 

・夏と冬でお湯の量を変えるなど温度管理が必要 

など、ちょこちょこ様子をうかがいに来る手間はありますが、

 様子を見に来たほうが、過発酵を防げるので、 

安心な方法かな、と思います。 

 

これらの方法以外に、 

☆日光浴発酵 →日が当たる場所で発酵する 

☆浴室発酵 →お風呂場で発酵する などがありますが、

私は衛生面やパン生地のダメージが気になって、実践していません。 

 

現在は、上記の③レンジ庫内発酵で発酵を行っています。 

夏場なら、熱湯400mlを庫内に入れておくと、35〜38℃になりますよ♪ 

(お住いの地域の気温や、室温、電子レンジの庫内サイズにもよります) 

お湯の量によって温度を変えられるので、コツをつかめば便利な方法です。 

 

☆タイミングが合えば、運転終了後の食洗機の中も、ほどよく温かい環境なので、一次発酵にはおすすめです

(二次発酵は、成形後なので天板ごと入れられないです😹) 

 

発酵機能にかかる電気代は、微々たるものかもしれませんが、 

ずっとオーブンを回しているのが気になる方は、 

エコな発酵方法も お試しください(*˘︶˘*).。.:*♡ 

 

食パン

【9月】レッスン、募集終了しました!
10月以降のご案内となります。


【10月】レッスンのご案内

↑クリックで詳細ページへ♪

【LINEお友達登録】
「健康パン」プレゼント企画実施中!


【健康パンコース】
詳細・ご予約について↓


【筋力パンコース】
詳細・ご予約について↓

※現在、エクササイズメニュー改定中!
秋頃スタート予定です。

【動画レッスン】
時間や用事を気にせずレッスンできます!



最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪
今日も、おいしいパンが焼けますように(*^^*)
 

「健康オタク」な講師と作る!
美腸・薬膳・筋力パン
「健康パン」
「手ごねエクササイズ」で、
\\ 元気に美しく♡ //

からだにやさしい健康パン教室
*めぐりぱん*

です!
 

上手じゃなくてもいい!
おしゃれじゃなくてもいい!

元気に・キレイになれる
「健康パン」を作っています♪
 
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
にほんブログ村